「魔女たちの22時」で紹介された脚やせストレッチ

脚やせ

一度ついてしまうと、なかなか落とせないのが太ももの脂肪。ダイエットをやっても上半身は痩せるけど、太ももってなかなか難しいものですね。じつは太ももって普段の生活では使わない筋肉が結構あるようで、何もしなければどんどんゆるんでいってしまうんだそう。なので、簡単にできるストレッチを取り入れてみましょう。特に魔女たちの22時で紹介された方法は18cm痩せたというんだから試してみる価値ありですよね。

この脚やせ方法を考案した宮下英子さんは、この方法で脚やせするまでは20キロも体重が重かったそうです。

でも、この方法を実践されてからは、110センチだったヒップが90センチに、63センチだった太ももも43センチになり、体重も70キロから50キロに落としみるみるうちに細くなっていき、さらにO脚も治り、姿勢もよくなることで、身長もなんと4センチ高くなったそうです。そして準ミス日本の座までのぼりつめた美魔女さんなのです。

ストレッチをやるのは入浴後の20分以内にやると効果的なようです。入浴後は、血行が良くなっているので、脂肪が燃焼されやすい身体になっています。

立っているとき 編

・まっすぐに立ち、足首を曲げたまま足を後ろに引く。
・この時、足は斜め後ろに引くのがポイント。

ただ足を後ろに引くだけではモモの裏側しか鍛えられない。しかし、ひねりを加えることにより体幹から下肢、特にモモの内側が鍛えられる。つまり、足痩せに必要な下半身すべての筋肉が同時に鍛えられることになるという。

座っているとき 編

・電話帳をヒザの間に挟むだけ。
・この時、モモの内側全体を意識するのがポイント。

ここで重要なのは電話帳を使うというところ。この絶妙な厚さと重さを内モモで支えることで、下半身全体を鍛える効果が期待できる。ちなみに電話帳が薄いものしかない方は、2冊に重ねて5センチ程度にして使うといいとのこと。

脚やせストレッチとお風呂の関係

脚やせのためのストレッチはお風呂上りの20分までが一番効果的とされていますが、そう言われているのには理由がいくつかあります。

一つは血液の流れが良くなり、筋肉も伸びやすくなっているためと考えられており、疲労もとれやすくなるということです。

二つ目は脂肪を燃えやすくするのに1日の中で一番適した時間と考えられており、脂肪燃焼がしやすくなる体を温めた後に冷やすということがお風呂上りの場合自然にできるためです。

三つ目は湯船につかることで自律神経が整えられ、交感神経と副交感神経のバランスがとれるようになると考えられており、それらのバランスが良くなることで痩せやすい体を目指せるからです。

最後に四つ目はお風呂を上がる前に冷水をかけることも良いとされており、わき・股間・ひざの裏・背中を冷やすことでより痩せやすい体 を作ってくれる働きが起こるそうなのです。

ここまで、入浴タイムがどれだけ脚やせに適した時間か?ということが分かったところで、今回のテーマでもある入浴と交感神経・副交感神経の意外な関わりについて深くみていきたいと思います。

入浴と自律神経の関係

まず、自律神経とは何か?交感神経とは何か?副交感神経とは何か?ということについてですが、分かりやすく言いますと自律神経は交感神経と副交感神経の2つから成り立っている神経のことで、どちらの働きが悪くなったりしてバランスが悪くなってしまうと自律神経の乱れとなり、情緒不安定などのさまざまな健康に良くない症状があらわれてしまうと言われています。

交感神経とは活動している時・緊張している時・ストレスを感じている時に起きる働きのことで、副交感神経とは休んでいる時・眠っている時・リラックスしている時に起きる働きのことです。ですから先ほどの湯船に浸かることが脚やせに良い理由の中に自律神経が整えられると入っていたことは、お風呂に入って体もポカポカでホッと一息をつける時間となることで、交感神経と副交感神経のバランスがうまくとれるため、ということに繋がるわけです。

私たち日本人が毎日入っているお風呂は、ただ単に体をキレイにすることだけでなく、湯船にゆっくりと浸かることでその日1日の疲労を癒し、体を温めながら健康にも役立っている。と考えても過言ではないくらい、私たちにとって大事な1日の締めくくりなのです。

こうした湯船と交感神経・副交感神経の関係を知った上で分かることは、いくら脚やせのためでも、ただ湯船に浸かっただけでは効果が必ずしも発揮できるわけではない、ということです。湯船に浸かる時はリラックスした気持ちでゆったりと浸かり、十分に体を温めることが必要だったのですね!これからはご自分の体に負担をかけず、心からリラックスするという気持ちも大事に脚やせに励んでみてください!

コメントを残す