ほぐすを徹底することで筋肉太りを解消!

下半身太りには、大きく分けて3種類存在するといわれています。まず、第一に脂肪太り。続いては、むくみ太り。そして、最後に筋肉太りです。この中でもじつは一番厄介といわれているのが、最後に挙げた筋肉太り。鍛え上げた筋肉により太くなってしまった脚は、中々細くなりにくいといわれています。

編集長かなこ

ですが、これから露出が増える季節!少しでもすらりと華奢な細い脚になりたい!という女性は多いはず!ここでは、筋肉太りの解消法をご案内していきます♪

筋肉太りとは?

ここではまず筋肉太りの原因について、先に掘り下げてご紹介していきます。学生時代にガッツリ部活動をしていた!あるいは今現在もお休みの日や仕事の後はしっかり運動している!なんて女性は一度自分自身に当てはまらないか、チェックしてみてくださいね。筋肉太りとは、筋肉の間に細かい脂肪がついてしまった太り方のこと。いわゆる霜降り肉のような状態を想像してもらえれば、わかりやすいかもしれません。

編集長かなこ

勿論、適度な筋肉はむくみ防止にもつながりますし、基礎代謝も上がり太りにくい体質へと導いてくれます。ですが過度に鍛えすぎると、筋肉太りの原因になってしまうこともあるんです。

筋肉太りの原因

例えば、筋トレや短距離走などといった無酸素運動。この無酸素運動は脂肪ではなく、じつは糖質を消費します。この糖質がじつはやっかいで、使われなかった分は脂肪に変わってしまうのです。

冒頭でもあげたように、学生時代ガッツリ部活動に励んでいたなんて方は要注意!日々消費されていた糖質が余り、脂肪に変わって残ってしまった典型的な筋肉太りかもしれません!そして、現在日常的に運動をしている方もまた、この予備軍なんですね。じゃあ有酸素運動ならオッケー!と思うのもちょっと待って。有酸素運動だとしても、筋肉太りは引き起こします。その原因は、乳酸です。乳酸は、筋肉を使うと発生する疲労物質で、蓄積されると筋肉がどんどん固くなってしまうんですね。

でも運動がストレス発散!なんて方も多いのではないでしょうか?そんな方に、覚えておいてほしいのが予防方法です。それは非常に簡単で、筋肉は使ったら必ずほぐす、を徹底することなんです。

編集長かなこ

使った筋肉を放置しておくと、何とも立派な脚を作ってしまいます。

筋肉太りを解消するストレッチ

では、具体的に早速筋肉をほぐす方法を見ていきましょう!とっても簡単なので、ぜひ今日からでも運動の後に試してみてください。

まずは、裏ももと股関節をほぐすストレッチ。マットなどの上で、仰向けになり両腕で膝を抱え、5~10秒キープします。左右の手を膝に添え、股関節から足をぐるぐると回します。たったこれだけでオッケー。脱力しながらリラックスして行うことがコツですね。

他にも、脚裏全体をパタパタするストレッチもおすすめ。これも本当にシンプルで、マットなどの上で脚を伸ばした状態で上体のみ起こします。かかとをマットにつけたまま、脚裏全体を軽くマットに打ち付けるようにパタパタと動かします。本当に簡単な方法ですよね。こちらのストレッチも、脚に力を入れないでリラックスした状態で行いましょう。

この記事のまとめ

とはいえ、筋肉太りによる下半身太りは、正直なところ脚やせに時間がかかるのもやっぱり事実です。根気強く、毎日継続して、凝り固まった筋肉を柔らかくほぐし、蓄積された老廃物を排出していきましょう。

また、運動がやっぱりやめられない!という方は、激しい運動ではなくヨガやピラティスなどのスロトレに変えてみるのもおすすめです。最近では岩盤浴の上で行ったりするホットヨガやホットピラティスが出来る教室も増えてきました。

編集長かなこ

運動後の汗をかく爽快感がほしい人にも、おすすめです。運動はダイエットには欠かせない要素ですので、上手に付き合って脚やせを目指しましょう♪
参考

30秒で筋肉太りを予防!脚の緊張をほぐす方法youtube

コメントを残す