オフィスの「ながら脚やせ」で美脚を目指そう♪

座りっぱなしのデスクワークそんな仕事環境のOLさんなどが気になる悩みといえば、やっぱりむくみですよね。むくみは、ほおっておくとセルライトの原因に。つまりは、下半身デブまっしぐらなんですよ!夏もすぐそこですので、オフィスでも意識次第で脚やせを目指せる方法を今回はご紹介していきます。

座りっぱなしだと脚がむくむ理由

まず、どうしてそもそも座りっぱなしのデスクワークは脚がむくみやすいのでしょうか?その理由は、じつは脚のふくらはぎは心臓に血液を送り返す働きをするポンプの役割があるからなんです。

脚から心臓に向かっていく、ということは下から上に重力に逆らって心臓に血液を送るということ。だから立ちっぱなしでずっと足に血液がたまっている状態だったり、座りっぱなしでふくらはぎを動かさない状態が続くと血流が悪くなってしまうんですね。

結果として、筋肉ポンプの働きが鈍くなって、本来心臓に戻るはずの血液が足のたまったままの状態になりむくむという現象が起こります。これが原因なんですね。

同じような状況として、エコノミー症候群という名前を聞いたことはないでしょうか?長時間飛行機やドライブで同じ姿勢でいると、足の静脈に血栓ができてその血栓が肺に飛んでしまうと最悪死亡の原因ともなる恐ろしい病気です。最近では、熊本地震の際にも話題に上がっていましたね。そう、じつは足のむくみって本当に怖いものなんですよ。

お仕事中のむくみ対策

さて、ではまずはお仕事中に意識してもらいたい対策法からご紹介していきます。まずは、第一に水分を摂るということです。1日2リットル程度のミネラルウォーターを摂取することで、滞ったリンパ液を押し流す効果が期待できます。美容を意識してお水を摂っている方もいると思うので、これは簡単なむくみ対策ですね。ちなみにこの時、身体を冷やさないよう常温か温めて飲むことがポイントですよ。

第二に、両足が地面にしっかりと着くように座るということです。椅子の座面の調整機能を使って、足がしっかりと地面へと着くように意識して座りましょう。地面に足が着くことで、体幹が安定して姿勢が正しく保たれるんです。結果として、むくみ解消に役立つんですよ。

また、座り方でいえば、椅子の背もたれに厚手のクッションを挟むのもおすすめ。オフィスの椅子の場合、なかなか自分の身体のサイズとピッタリとなっていることは少なくないでしょうか?姿勢正しく座っているつもりでも、どうしても背もたれと身体の間に隙間が出来て、猫背となってしまいます。ですので、背筋をしっかりと真っ直ぐに保つために、厚手のクッションを活用してみてくださいね。

そして最後に、なるべくエレベーターを使わないで、階段を利用するということ。ついつい、エレベーターが楽だからと利用していませんか?こまめに脚を動かすことが、むくみ解消にもつながります。チャレンジできるのであれば、つま先立ちでゆっくりと一段ずつ上り下りするのがポイントです。たまには、一段飛ばしで上るのもおすすめですよ。

それでもやっぱりむくみやすいという方はより積極的な対処法をご紹介しますので、ひ休憩時間などに実践してみてください!座ったままできる方法ですので、こっそり出来ちゃいますよ♪

仕事中でもできる脚やせ方法

まず、前の方に腰かけます。右足を前に出し、つま先は天井を向け身体を前に倒していきます。息を吐きながら、太もも・お尻の後ろが伸びているのを実感してみてくださいね。ポイントはひざにあてた手に、少し力を入れることですよ。両足30秒くらいずつ、呼吸を止めずに伸ばしていきましょう。

続いて片方の足をもう片方の太ももあたりにのせて、あげた足の膝を押し、身体を少し前に倒しましょう。これも両足1セットで行いましょう。この時、おへそから倒すと効果的ですよ。

最後に椅子の背もたれを持ち、左右に腰をひねればOK。とっても簡単ですし、やってみると体が伸びるのでとっても気持ちよくリフレッシュできちゃいます。デスクワークは体が固まりがち。ぜひ息抜きだと思って実践してみてくださいね♪

コメントを残す