ダイエット中にファーストフードを食べても太らない食べ方は?

ダイエット中のファーストフードの食べ方

サイドメニューは頼むならMまたはSサイズで頼もう!


ファーストフードは元々、アメリカが本場であることもありカロリーがかなり高めです。そのため、ファーストフードは太る!と恐れる方も多いのではないでしょうか?しかし、太りにくくなる食べ方もじつはあるのです。その中の一つとしてサイドメニューのLサイズは決して頼まないという方法があります。一番人気と言ってもいいほど人気があるポテトの場合ですと、Lサイズ1個で大きなハンバーガー1つまたはレギュラーハンバーガー2つよりも更にカロリーが高い可能性もあるのだといいます。ですので、ちょっとだけファーストフードを食べたい!と思った時にMまたはSサイズのサイドメニューのみを頼むようにすれば、高カロリーを摂取した罪悪感が残らない程度に美味しく摂取できるのではないでしょうか。

飲み物類のカロリーにも気をつけよう


特にファーストフード点ではシロップやスティックシュガー・コーヒーフレッシュ等がご自由にお持ちくださいという形に置かれていることが多いですね。甘い物好きな方は特にもっと砂糖入れて甘くしちゃお!なんて思ってしまうものと思いますが、シロップやスティックシュガー等の誘惑に負けてしまわないように気をつけましょう。糖分はもちろん太る原因にもなりますし、砂糖はほとんどの種類が上白糖ですのでその場合摂りすぎで体を冷やす原因にもなります。そうなってしまいますと冷えが血行促進を妨げ、脚はもちろん・顔などのほかの部分もむくみやすくなってしまいますのでできるだけ避けた方が良さそうです。

大サイズは買わないように気をつけよう


特にファーストフードの大手であるマクドナルドでは、ビック・キング・メガ・L・ダブルといった大きいこと・たくさんの量ということを表す言葉が名前に入っています。こうしたものは、もちろんカロリーオーバーになってしまうほどカロリー高めですのでやはり避けた方が自分を太らなくさせるには必要な選択といえます。

太らないためには3品まで?!


太らないようにするためには、あらかじめ3品までもしくは2品までと決まりをつくることも大切です。例えば、メインに好きなハンバーガーを頼む場合には飲み物をカロリーの少ないお茶などにするのがオススメです。烏龍茶や爽健美茶といったよくお店でも売られているものがファーストフード店でそのまま出させているところもありますので、それらがあれば特にオススメです。また、烏龍茶はハンバーガーやポテトなどの特にカロリーの高い食べ物と一緒に飲むようにすると、ハンバーガー等に含まれる脂質も吸収し体に残さないようにしてくれるので更におすすめです。一つ注意点は、元々貧血である方は烏龍茶の摂取に気をつけて頂きたいです。じつは烏龍茶は吸収率が高い飲み物のため、脂質だけでなく体に必要なものまで吸収してしまうという欠点も少々あります。

マヨネーズは抜いてもらおう!


きっと誰もが大好きなマヨネーズですが、カロリーが高いためたった少量でも太ってしまう可能性のある食材としても有名です。マクドナルドでは度々ピクルス抜きで!という方を見かけますが、太らないためにはマヨネーズ抜きでお願いします!とあらかじめ注文の際に言ってみることも大切です。これだけでもカロリーが大幅にカットできるので太る可能性を減らすことができます。

できるだけポテトは禁止にしよう!


マクドナルドのフライポテトのカロリーはSサイズで249キロカロリー・Mサイズで454キロカロリー・Lサイズで571キロカロリーとSサイズでもかなり高めです。ですので、なるべくポテトは頼まないという選択がファーストフードでの太らない食べ方として良いといえます。

シェイクや炭酸飲料は禁止!


じつはシェイクはたった1杯でもハンバーガーほどのカロリーを体に取り入れてしまいます。マクドナルドで一番カロリーが少ないバナナシェイクSでも、195キロカロリー・一番多いマックシェイクチョコレートMだと329キロカロリーにもなってしまいます。太らないためには脂質を避けることも大切ですが、糖分を避けることももちろん大切なのです。

シンプルなメニューが一番!!


どのファーストフード店でもシンプルな基本のメニューというのがあります。例えばハンバーガーがその一つにありますが、ほかのチーズハンバーガーやてりやきバーガーなどと比べて調味料もお肉などの具材もシンプルなのでカロリーも比較的少なくなります。人によってはシンプルでボリュームが少ないため物足りなさを感じられるかもしれませんが、どうしてもファーストフードが食べたくなった時に食べる事は我慢せず、太らずに食べれたら食べれたら最高ですよね!また、美味しくいただくためにも・少ない量で満足する為にも、よく噛んで食べる事は結果的に太らない食べ方という事になりますので、ファーストフードへ行ってもそういった事をより心がけてゆっくり食べてくださいね。

コメントを残す