テイラー・スウィフトのローフードダイエットのやり方

テイラー・スウィフト ローフードダイエット 効果

今やタレントも務めているという海外人気歌手のテイラー・スウィフトさん。日本では特に中高生の若い女の子たちに大人気です。そんなテイラー・スウィフトさんが注目を集めているのは歌や芸能活動だけではありません。

じつは、ローフードダイエットというダイエット方法を実践されているのだそうです。テイラー・スウィフトさんと言えば、やはりあの美しさとスラッとした手足ですよね。あのプロポーションに憧れてる女性は世界各国にいらっしゃるとのことで、皆さんテイラー・スウィフトさんのようになるべく、ローフードダイエットにも興味を持たれているそうです。

ローフードダイエットとは?

ローフードダイエット

ローフードダイエットとはそもそもどのようなダイエット法なのでしょうか?ローフードダイエットのraw foodとは、生の野菜という意味です。

その名前の通り、生の食材を取り入れることがローフードダイエットの基本ルールなのです。絶対に生の食材でなくてはならないという訳ではなく、生で食べることが厳しい食材は48度以下の加熱であればOKとなっているそうです。

ローフードであれば、基本的にはどれくらいまでという決まりはないものの、生で食べるものばかりで体が冷えないのかな?・本当にお腹にたまるのかな?といった点が少し疑問点ですね。

生で食べる理由は酵素

ローフードダイエット 酵素

しかし、生で食べなくてはならない事にもじつは大きな理由があり、それらは熱に弱い酵素を生の食材で取り入れることによって、よりたくさんの酵素を体内に取り入れ、同時に生の食材だからこそ極わずかの酵素消費で済ませるためです。

酵素は私たちの体になくてはない存在であり、食べ物の消化吸収・体内のあらゆる部分への輸送・代謝アップ・毒素の分解・排泄といった健康な毎日を送るための基礎を担ってくれるのです。

ローフードダイエットで食べる食材

ローフードダイエットで食べる食材

ローフードダイエットをするにあたって、食べても良い食材は生野菜・海藻・果物・低温処理のドライフルーツ・豆腐や納豆などの発酵食品・ナッツ類・発芽させた玄米や豆類となっています。

生野菜

海藻

果物

低温処理のドライフルーツ

豆腐や納豆などの発酵食品

ナッツ類

発芽させた玄米や豆類

ローフードダイエットでNGな食材

ローフードダイエットでNGな食材

逆にローフードダイエット中に食べてはいけないNG食材は炒め物・揚げ物・加工食品・煮物などの加熱料理・生の魚やお肉です。

注意が必要なのは最後の生の魚やお肉なのですが、魚はお刺身で食べる分にはOKなものの、脂肪分とカロリーの面では控えたほうが良いので生でも多少の我慢は必要です。

これらの食材を取り入れることで得られる効果は、酵素の消費が少ないことで暴飲暴食していた内蔵も休ませることが出来るむくみが取れる体が軽くなる体にたまっていた毒素が排出されるなどです。

ローフードダイエットの注意点

なお、一方でローフードダイエットを行うに当たって注意点があります。それはアサイーなどの栄養価の高いもので調子を整えるということと、生の食材を摂取することがほとんどなゆえに、食中毒に気をつけるということ、効果に対して過信はしないということです。

やはり生の食材を食べることによって、体が冷えやすくなると共に栄養が偏りがちになってしまうことが難点となっています。そのために、アサイーなどの健康食品を意識して摂取されることをおすすめします。また、生の食材ですからもちろん、熱を十分に通すことでの殺菌はできませんのでしっかりと水洗いをすることが大切です。

効果に対しての過信は、後でご自分をもっと痩せるはずだったのになどせっかく行ったダイエットに対してもマイナスな感情を抱いてしまう元となってしまいます。しかしローフードダイエットは元々アメリカ発祥のダイエット方法、だということを常に頭の隅に置いて日本人の私には効果がどのくらいか分からないけれど、試してみよう!程度に思っておくと良いですよ。

コメントを残す