大きいお尻を小さくするには?お金をかけずに美尻にする方法

美尻

スキニーパンツなどピタッとしたズボンやタイトなスカートを履きたくなるこれからの季節、でも私はお尻が大きくて履けないなんて悩んではおられませんでしょうか?

お尻は脂肪さえ落とせば小さくなる、というように簡単にはいかず、脂肪以外に大きく関わっている骨盤の使い方を治す必要があります。そのため、ほかの部分に比べてお尻を小さくするのは後回し・結局何もせずまたお尻が大きくなってしまうといった、悪循環を起こしやすい身体の部位とも言えるのです。

夏に向けてお尻を小さくしたい!と思ったら、まずはあなたが自然と行ってしまっている、お尻を大きく育ててしまう原因を見直すことから始めていきましょう。

お尻が大きい原因は骨盤のゆがみ

骨盤の歪み

さっそくですが、大きいお尻の改善をするのに、一番支障をきたしてしまう、骨盤のゆがみについてお話させていただきます。骨盤は身体の軸とも言われるほど大事な部分ですので、骨盤のゆがみはお尻が大きくなるだけではなく、なかなか痩せにくい体全体の体質さえもを引き起こしてしまいかねません。ですから、大きいお尻改善を行う場合にははじめに骨盤のゆがみチェックをしていただくのがオススメです。

骨盤のゆがみチェック

そのチェック項目とは、普段片足重心で立っていることが多い。ですとか、肩がけバッグをかける際は、いつも同じ側の肩にかけてしまう。・ほおづえをつくクセがある・イスに腰をかけた際脚をくっつけてきれいに座ることができず、脚を広げたり・脚を組んでしまっている。・普段歩いている際に脚の親指に力が入っていない。・猫背になってしまう。などといったものです。

これからのどれか1つにでも当てはまっている場合は、あなたの骨盤がゆがんでいる可能性大といえます。このほかにも、長時間続けて座っていたり・よく女の子がするぺちゃんこ座りをしていることがある場合は要注意です。そして、ここまでの項目をチェックして、自分の骨盤がゆがんでいるかどうかが分かりましたら、まずはそれらのお尻を大きく育ててしまった生活習慣を見直し、改善していくのがお尻を小さくするための第1策といえます。

骨盤まくらを使った改善法

見直しができましたら、最終改善方法として、骨盤まくらを使った改善法を試していきましょう。骨盤まくらは店頭や楽天市場などのネット販売もされておりますが、わざわざ購入しなくても、手頃に手作りする方法もございます。

まず、バスタオルを二枚用意して重ねます。それを半分に2回折りたたみ、どちらかの端のほうからクルクルときつめに巻いていきます。

そして巻いた状態のままにするために、紐やゴムなどでギュッと結び、完成です。

こうして作った骨盤まくらをお尻の下に置き、平らな床に仰向けに寝ます。脚はピンと伸ばして親指同士をくっつけ、八の字型にします。腕は頭の上にまっすぐに伸ばし、小指同士をつけ、顔は真正面を向きます。この状態のまま、1日5分いるだけで骨盤が正しい位置へと改善されていきます。簡単にできますので、ぜひお試しください!

コメントを残す