女性なら知っておきたい生理中に太る原因と対策 | 脚やせ方法を徹底比較〜脚やせの神様〜





女性なら知っておきたい生理中に太る原因と対策

生理中に太る原因と対策
食欲の秋に向けて、同時にダイエットに励む女性は少なくないようです。運動をしたり、食事制限をしたり…ダイエット方法は様々ですが、せっかくなら効率よく痩せてみませんか?「そんなのできたらとっくにやっている!」なんて声が聞こえてきそうですね。今回はそんな方々にぜひご案内したい、実は意外と知られていない「痩せやすい時期」についてなんです。というのも、実は女性は痩せやすい時期・痩せにくい時期があるのをご存知でしょうか?今回はそんなダイエットの裏技を伝授いたします♪

ホルモンバランスの変化で太りやすくなる?


冒頭でもお伝えしましたが、女性にはダイエットにふさわしい時期とそうでない時期があります。それは、ホルモンバランスに由来しているもの。というのも実は、女性は生理中は太りやすい傾向にあるんだとか。毎日ダイエットに励んでいる女性なら、気づいている女性もいるかもしれません。かといって、極端に生理中に、食事制限や過度な運動をするのは絶対NGです。体調面でも精神面でも不安定な時期ですので、この時期に無理は禁物だということを覚えておいてくださいね。

まずは生理周期を知ることから始めましょう

女性のホルモンバランスをうまく利用してのダイエットのお話をする上で、まずは生理周期について簡単にご説明したいとおもいます。このリズムを知っておくと上手にダイエットができるようになりますので、ぜひチェックしておいてくださいね。

女性の身体というのは、4つのサイクルを繰り返しています。1ヶ月間のサイクルを大きく4つに分けると、月経、卵胞期、排卵期、黄体期に分けられます。

月経期

まずは、月経期。排卵した卵子と精子が結合することで受精卵となって、子宮内膜に着床すれば妊娠が成立しますが、妊娠しなかった場合は、女性ホルモンであるエストロゲン・プロゲステロンの両方とも分泌量が減少します。必要なくなった子宮内膜が剥がれ落ち、血液と共に体外へ排出されます。これがいわゆる月経(生理)を指し、この時期を月経期といいます。

卵胞期

続いて、卵胞期。卵胞刺激ホルモンの働きによって、卵巣にある原始卵胞のひとつが発育しはじめます。卵胞の発育と共に卵胞ホルモンが分泌され、子宮内膜が徐々に厚くなっていきます。生理終了後からおよそ7日間の期間が卵胞期なんですよ。

排卵期

そして、排卵期。卵胞期を終えて排卵日までがこの排卵期。卵胞期同様痩せやすい時期とされています。卵胞期から排卵期までは、おおよそ10日〜2週間程度が一般的といわれています。卵胞ホルモンの分泌がピークになると、黄体化ホルモンが分泌されて、卵胞から卵子が飛び出します。いわゆる排卵とよばれるものですね。

黄体期

そして最後に黄体期。排卵後から、生理前までの期間が黄体期です。卵子が飛び出た後の卵胞が黄体と呼ばれる組織となり、黄体ホルモンというホルモンが分泌されます。そして、受精卵の着床に備えて、子宮内膜は柔らかくなります。

生理中はなぜ太るのか?

生理中に太る理由
さて、女性のホルモンバランス周期をご案内したところで、何となくそのリズムはおわかりいただけたかと思います。ではどうして生理中は太りやすいのでしょうか?その理由はいくつか存在します。

まずは「体のむくみ」。、女性の体内では女性ホルモンの分泌量が減少しています。その結果、血液循環が悪くなり、むくみやすい体質になってしまうのです。実は、生理中の女性の体は水分が溜まる影響で、通常の体重よりも2~3キロ太ってしまうことは当たり前みたいなんですよ!

他に、「体の冷え」も太りやすい原因。生理中は、新陳代謝が悪くなりやすいので、いつもよりも体が冷えやすくなります。冷えは自律神経を乱れさせ、貧血の原因にもなると言われています。ですので、ダイエットをしても効果が出ない時期なんですね

。最後にご説明する原因は、「ストレス」。生理中は気分が沈みやすかったりと、何かとイライラしやすい時期でもありますよね。こんな時にダイエットで好きなものも食べれないなど、我慢が溜まるとストレスが余計に増え、反動で食べすぎてしまうこともあるからです。私自身の経験だと、カロリーの高い甘いものが無性に欲しくなってしまうんですよね。このような理由から、生理中にダイエットをしても効果が出ないと言われているんですよ。

ダイエット中の生理期間の過ごし方

生理中のダイエット
では生理期間中は、ダイエットは諦めなきゃいけないの?!と思ったあなたに、おすすめの過ごし方をご紹介したいとおもいます。それは、むくみ解消をメインに考えるということ。先ほども説明しましたが、生理中はどうしても体内に水分が溜まりやすくなります。ですから、むくみ解消を積極に実践しましょう。

例えば、むくみに効果的な食品としては大豆が知られています。生理期間中には、納豆等大豆食品を摂りいれたメニューを考えたり、毎日豆乳を飲むようにするだけでも、体のむくみを軽減できちゃいます。しかも、大豆食品にはホルモンバランスを整えるといった美容効果も高いので、生理中の肌荒れ予防にもおすすめ♪他には、カリウムが入っているバナナもおすすめ。朝食時に一本プラスしてみるといいかもしれませんね。

スロトレなど無理のない運動に切り替えるのもおすすめ♪

生理中に激しい運動はNG
ダイエット期間中にジムに通って激しい運動をしていた人も多いかもしれませんが、生理中に激しい運動はNG。ですので、ヨガなどの生理中でも比較的負担の少ない運動を取り入れてみてはいかがでしょうか?ヨガはなんとなく複雑な動きが難しそうに思われがちですが、初心者でもできる簡単な動きもあるので、誰でもチャレンジできますよ。最近では運動ジムの中でもヨガ教室が開かれていることもありますし、動画を見ながら真似をするだけでも効果はあるので、まずはそこから始めてみるのもいいでしょう。

ヨガは腹式呼吸が基本。この呼吸法は、自律神経を整えリラックス効果があるので、生理中のイライラを解消してくれます。ついつい生理中に暴飲暴食してしまう方には、とってもおすすめです。しかも、続けていくうちに血液循環がよくなるので、冷え解消にもつながりますので、むくみ解消にも一役かってくれるんです♪

ただ、それでもやっぱり外でジョギングなどの運動がしたい!と思う方もいるかもしれません。そんな方は、軽めのウォーキングをしてみましょう。よっぽど生理痛が辛くて動けないのでない限りは、ウォーキングは生理中の鈍い痛みなどを軽減する効果もあるみたいですよ。ただ、ウォーキングをする時は、生理中という事を意識して安全な道を歩くこと、そして長時間歩いて疲れないようにしましょうね。
生理中でもダイエットをあきらめないで♪


ここまでご紹介してきたように、女性ホルモンの関係で生理中は確かに痩せにくい時期ではあります。ですが、過ごし方や食事法などを工夫すれば、途中で挫折せずにダイエットを成功させることができるんです。無理のない範囲でなら運動だってできますし、食事方法を工夫すれば、ダイエットを継続させることは可能です。ホルモンバランスを上手に利用して、ダイエットを成功させてくださいね♪



【体験レポ】スリムレッグラボは効果ある?編集部がガチレビュー!良い口コミや悪い口コミ!

スリムレッグラボのガチレビュー
雑誌ananにも特集されて話題の脚やせプログラム「スリムレッグラボ」は本当に足が細くなる効果があるのか?脚やせの神様の編集部がガチで体験&レビューをしました。業者の口コミに騙されないためのリアルな良い口コミや悪い口コミも全て暴露!このサイトだけのスペシャルな特典もご用意してますのでご活用頂けたら嬉しく思います。

私が成功した脚やせ方法

編集部厳選!おすすめの脚やせサプリベスト3!

脚やせサプリランキング 日常生活が忙しくて中々脚やせのエクササイズやマッサージが出来てない女子におすすめ!飲むだけで脚を細くするサプリメントについて厳選してランキング形式でご紹介します。低価格の商品から返金保障があるサプリもありますので是非チェックしてみてください。

脚やせサプリランキング

脚やせの神様を購読

最新の記事を
プッシュ通知で購読しよう

今月の編集部のイチオシ商品!







タグ