知らないと怖い!着圧ソックスの上手な活用方法

むくみ着圧

足のむくみに効果がある着圧ソックス。これがないと脚がむくんで仕方ない、もう手放せない!という人も多いよう。でも、正しい履き方をしないと、十分に効果が出ないほか、さらに体の不調をきたしてしまうこともあるので注意が必要です。

着圧レベルを知ろう

着圧ソックス・弾性ストッキングには、商品別に着圧レベル(圧力)の大きさであるmmHg(ミリエイチジー)hPa(ヘクトパスカル)や、糸の太さを表す単位であるデニールが設定されています。

使用するときの着圧レベルとデニールの目安は以下のようになります。

着圧レベルの目安(1mmHg=約1.3hPa)

 

約10mmHg~20mmHg 軽いむくみ対策に使用する場合

約20mmHg~30mmHg 中度からひどいむくみの場合

約30mmHg~50mmHg リンパ浮腫などに用いられる医療用

デニール(糸の太さ)の目安

 

~70デニール 軽い血液循環の促進に適しているタイプ。一般的なストッキングに近いタイプ

70デニール~140デニール むくみの改善に効果的なタイプ。ストッキングとタイツの中間くらい

140デニール~280デニール リンパ浮腫などの治療にも用いられる強圧タイプ。よりタイツに近いタイプ

 

圧力が高ければ言い訳じゃない

 

圧力が高ければ高いほど、むくみへの効果が期待できる?と思うかもしれませんが、自分の足の状態に合った圧力のソックス・ストッキングを選ばないと、むくみ以外の問題を引き起こす原因にもなってしまいます。

 

30mmHg以上の強い圧力のものを選んでいると、場合によっては血行障害を招いてしまう恐れがあります。

 

着圧ソックスは睡眠中は注意

 

睡眠中は着圧ソックスではなくても、ウエストや袖口のゴムのような、わずかな体の締め付けが血行悪化を促進してしまうもの。ですから、睡眠中の着圧ソックスの着用は避けたほうがよいでしょう。

 

もしもそれでも着用したいのなら、昼間には着用しないこと、それに20mmHg以下の低圧のものを選ぶことを条件にしてみてください。

着圧ソックスの正しい使い方

 

着圧ソックスは、自分に合った圧のものを使うようにしましょう。可能ならばためし履きをしてみることがおすすめ。強い圧のものは、はじめは気持ちがいいのですが、だんだん苦しくなってくることもあるので、初めは、ゆるやかな圧のものから始めるのがいいでしょう。圧力の高いものは、あまり長時間はかないようにしましょう。

着圧ソックスの着用時間ですが、長くても12時間までにしましょう。脚やせしたいからということで一日中はきっぱなしの人がいますが、ずっと圧力をかけている状態は良くありません。むしろ血流がわるくなってしまいます。

また、履き方にも注意。ねじれたり、かかとが合っていないと、十分に効果がでません。椅子に座って履くなど、ねじれないように丁寧にはくようにしましょう。

 

コメントを残す