脚やせしたい方必見!即効性ありの6つのツボ!

脚やせツボ押し

脚やせをしたいけれど、ストレッチなどを続けるのが面倒になってしまった。そんなお悩みございませんか?現在では一昔前に比べて、働く女性がたくさん増えましたから、仕事から疲れて帰ってきて、家事をするだけでもしんどい。という方は結構たくさんいらっしゃることと思います。

しかし、ストレッチやエステサロンへ通うくらいしか脚やせする方法はないのでは?とも思ってしまいますよね。実際は、どうなのでしょうか?それらを検証すべく様々な女性の脚やせ体験談をお聞きしますと、脚やせも夢じゃない?!とも思わせるような、脚やせに効果的な6つのツボを発見いたしました!

そちらをここでは特別にご紹介させていただきたいと思います。6つのツボははじめに名前のみ紹介させていただきますと、湧泉(ゆうせん)・無名穴(むめいけつ)・足三里(あしさんり)・風市(ふうし)・委中(いちゅう)・承扶(しょうふ)といった、なんだか聞きなれない言葉の数々となっています。

脚やせのツボ 湧泉(ゆうせん)

一つ一つご紹介させていただきますが、まず湧泉はというと効果的には疲れ・冷えに効くツボとされており、場所は足の裏の中央から少し上にあります。わかりづらい場合は足の指を曲げ、その際にできたくぼみの中央と考えると覚えやすいです。

効果的な押し方は、まず床に体育座りの姿勢になり膝を曲げた状態で足の裏のツボ部分にに両方の手の中指を押し当てます。そのまま脚を曲げ伸ばしすると良いです。

脚やせのツボ 無名穴(むめいけつ)

mumeiketu01

次に無名穴になりますが、こちらは余分な水分・老廃物を排出するということに効果的なツボで、場所は太ももの中央にあります。

まずは椅子に腰掛け、両脚を開いた状態で両手をクロスさせた手で太ももと太ももを押し合えばOKです。次に足三里というツボですが、こちらは膝小僧のお皿のくぼみから指4本分下がったあたりの外側です。効果は脚全体のむくみの改善・胃腸の働きを良くするということです。

脚やせのツボ 風市(ふうし)

続いて風市のツボです。場所は直立で真っ直ぐに立った際に中指が自然に当たる場所、だそうです。効果は脚を温める・痛みやだるさ・むくみの改善です。

ほかのツボに比べて少し痛いようですが、しっかり息を吸って・吐いてという呼吸をしながら行うとよりツボを押した後に脚が軽くなるそうです。

脚やせのツボ 委中(いちゅう)

続いて委中というツボです。こちらは腰痛改善に特に効くツボとなっており、ひざの裏の丁度真ん中あたりがその場所となっています。

また、ひざの裏にはリンパ節があるということも有名ですので優しい力でよく揉みほぐすことで更に効果はアップするとこのとです。

脚やせのツボ 承扶(しょうふ)

最後に承扶というツボです。こちらは余分なお肉をなくす・お尻と太もものむくりをとるといった効果を発揮するツボで、お尻の下のちょうど線が出る場所の中央にあります。

ツボを押す際は脚を肩幅に開き、両方の脚のツボを手の中指で押しながらゆっくりとかかとを上げ下げしましょう。上げた時に2~3秒静止したあとにゆっくりと下ろすとより効果的ですよ。

コメントを残す