老廃物を強制排除!脚やせのための正しい「かっさ」の使い方とは!?

脚やせの為のかっさの正しい使い方

突然ですが、あなたはかっさという言葉を耳にした事はございますでしょうか?じつは最近、かっさを使った脚やせが話題となっているのです。

かっさとは

かっさとは、陶器や天然石といつた素材で作られた、ハートの形を長くしたようなモノをいいます。モノによっては、上の部分が3つに分かれており、ハート形というより足形のようになっているモノもあります。そういったかっさ上部のデコボコ部分や、両側のツルツルしている部分などを脚の部位によって使い分け、マッサージしていくことで、脚やせ効果へと繋がるそうです。

かっさのルーツ

かっさは元々は中国で発祥した民間療法用の器具なのです。気と血の通り道である経絡にあるつまりをとり、 経絡を通すことにより不調を和らげる効果があり美容効果も期待出来ると今では日本でも一般的な道具になってます。ちなみにかっさは漢字では刮痧と書き、中国語ではクワシャグワシャと発音するらしいです。

かっさの選び方

かっさと言っても色々種類があります。中には100円ショップなどで売られている激安かっさもあるそうですが、それらのほとんどは陶器や天然石ではなくプラスチックなため、肌を傷つけやすくマッサージをする際も痛みを伴う場合が多いそうです。ですので一番は、バスグッズ等が売っているような雑貨屋さんや大型量販店等での購入をオススメいたします。

かっさの使い方

実際にかっさマッサージを行う場合ですが、まず始めにマッサージ用オイルを準備しましょう。マッサージ用オイルでなくても、例えばジョンソンベビーオイル等でもOKです。ご自分のお肌に合ったものをぜひ選んでください。

かっさマッサージのやり方

かっさの使い方

ここまで用意ができましたら、いよいよかっさマッサージ開始です。まず、足の甲から脚にかけてまんべんなくオイルを手に取り、広げます。この時の注意点は足の裏には塗らないということです。足の裏に塗ってしまうと滑るので危険ですし、かっさマッサージでは足の裏はほとんど行わないので塗らなくてもOKです。

かっさの使い方

オイルが塗り終わったら、まず足の指の付け根から足の甲の中心に向かってかっさのデコボコ部分で、ゴリゴリと3~5回程度動かします。徐々に足首方向へと行い、足首の出っ張った骨の周りもグルグルと囲うように行ってください。

かっさの使い方

そうしましたら、いよいよ脚に入りますが、脚の内側を行う場合は下から上へ。脚の外側を行う場合は上から下へ、とかっさを動かすようにしてください。これは、体の中の老廃物等が血液などように流れているリンパという部分を刺激し、老廃物を体の外に排出するために必要な動作ですので、守って行ってみてください。

リンパの流れに沿って行うことで、老廃物の排出を促すことが可能になります。老廃物がたまったままですと、女性特有のむくみが起きやすくなり、それらを放っておくとたまった脂肪が冷え固まり、セルライトと呼ばれる脂肪の塊になってしまい厄介です。しかしセルライトもこうしたマッサージで改善する事ができますので、少し大変ですが脚やせのためにも行っていきましょう。

かっさマッサージは太ももの場合も可能です。太ももの場合は通常の脚やせマッサージと同様に、ひざの上あたりから脚の付け根までグゥーっとかっさを当てていきます。かっさとオイルさえあれば、毎日の休息時間としてもリラックスしながら行うことができますので、はじめから大変と思わず、今日の疲れをとる楽しみ・息抜きとして行っていくことをオススメいたします。

かっさマッサージをする際の注意点

また、かっさマッサージを行う際の注意点ですが、かっさマッサージは食後30分以内は行わないようにしましょう。

また、体を冷やしてはせっかくマッサージで温めた意味がなくなってしまうので、マッサージ後も冷やさないよう十分注意しましょう。脂肪は温める事によって、例え冷え固まっていた脂肪であっても柔らかくなりますので、お風呂上りの体が温まった状態で行うのも良いです。

かっさマッサージの効果

最後に、かっさマッサージを実際に行った方々の感想をご紹介させていただきたいと思います。ポカポカするので、寝ている時が楽で病みつき!・血行が良くなり冷え症も改善された!・かっさをはじててから三日目に友達から脚細くなったね!と言われ、今までの三日坊主を克服できそう!などといった感想が多くありました。

かっさは学生さんでも手頃に買える値段である事からも、全年齢の女性から人気を集めているようです。ぜひあなたも、かっさで脚やせを目指してみてください!

 

かっさプレートを探す


kassa

楽天市場でかっさプレートのレビューが多い順で見る

コメントを残す