自転車は足が太くなる!?エアロバイクが脚やせに効果ある理由! | 脚やせ方法を徹底比較〜脚やせの神様〜





自転車は足が太くなる!?エアロバイクが脚やせに効果ある理由!

下半身太りを気にして、脚のリンパマッサージやエクササイズ等など実践してみるものの、どれをやっても効果がいまいち…。そんな風に嘆いている女性も少なくありません。私自身も、マッサージなどは中々毎日続かず、面倒になって結局やめてしまいました。

ジムなどで運動するまではいいものの、そのあとのケアがどうしても続かないんですよね。そんな女性におすすめしたいのが、エアロバイクです。エアロバイクであれば、女性なら誰でも憧れるバランスよく適度に筋肉がついて、ほっそりとした足を手に入れることが出来ますよ!

ジムに通っている女性は勿論、脚やせ停滞期の女性は必見だとおもいますので、ぜひチェックしてみてください!

エアロバイクと自転車の違い!自転車で足が太くなる!?

でも、そもそもエアロバイクって自転車と同じだよね!学生時代自転車で脚が太くなった経験があるんだけど!そんな声も確かに耳にします。ですが、自転車で脚が太くなるのは運動強度の問題。

例えば、競輪選手の場合は筋肉から乳酸が出るほど強いトレーニングを続けています。ですので、脚が太いのは当然。また、いわゆるママチャリといわれる自転車はすぐに足をつけるようにサドルを低くしてあります。その状態で坂道でも漕いでみれば、太ももの前面に大きな負担がかかるのです。それが通学や通勤で毎日続くことで、知らず知らずのうちに脚が太くなっていくんですね。

一方で、エアロバイクによるペダル漕ぎは筋肉痛にはなりにくく、脚が太くなりにくいと言われています。では、その理由はいったい何なのでしょうか?

エアロバイクが脚やせに効果がある理由

それは自転車の例でわかるように、脚にかかる負荷とペダルの漕ぎ方にポイントがあります。 筋肉痛になるほど、エアロバイクの負荷を重くして漕ぐのは逆効果。それこそ乳酸が出て、脚が太くなってしまいます!

効果的に脚を細く、つまり脂肪を落としたければペダルの負荷を重くしないこと。回転数を上げて、クルクルとひたすらペダルを回すことなのです。

又、もう一つのポイントは、サドルの高さです。サドルの高さは、ペダルが一番下になった時に足が伸びきる一歩手前ぐらいがジャスト。サドルが低すぎると、体重を乗ってしまうのでよくありません。又、ペダルを踏むのにかかとではなく、親指の付け根あたりで踏むのがおすすめ。太ももの裏側やお尻の筋肉も効率的に使うことができるので、下半身全体のシェイプアップにも役立ちますよ♪

自宅でお金を掛けずにエアロバイクのエクササイズ

ちなみに、なかなかジムに行く時間が取れない…という方には「エア自転車こぎ」というのもおすすめ。

横になり、腹筋を地面に押し付けるようにしながら両足を挙げます。後は、交互に自転車を漕ぐようにくるくると回していきます。たったこれだけ。

余裕がある人は、さらに腰を挙げてやってみましょう。腰を両手で支えながらくるくると回すこの運動は、終わった後は脚に効いた!と実感できるかとおもいますよ♪

この記事のまとめ

又、最近では自宅でできる家庭用のエアロバイクも、多く発売されています。これであれば、自宅でテレビを見ながら、読書しながらでも実践可能ですよね!ダイエットから気をそらすこともできるため、一石二鳥にも三鳥にもなるわけです。

ちなみに、エアロバイクはジョギングやウォーキングに比べ足首や膝への負担が少ないので、高齢の方でも気軽に利用することができます。ご両親などと一緒に使えば、ジムに通うよりもお手頃価格で済むかも知れませんね。幅広い年代の人におすすめの運動ですので、家族で一緒にぜひエアロバイク運動を始めてみてくださいね♪



【体験レポ】スリムレッグラボは効果ある?編集部がガチレビュー!良い口コミや悪い口コミ!

スリムレッグラボのガチレビュー
雑誌ananにも特集されて話題の脚やせプログラム「スリムレッグラボ」は本当に足が細くなる効果があるのか?脚やせの神様の編集部がガチで体験&レビューをしました。業者の口コミに騙されないためのリアルな良い口コミや悪い口コミも全て暴露!このサイトだけのスペシャルな特典もご用意してますのでご活用頂けたら嬉しく思います。

私が成功した脚やせ方法

編集部厳選!おすすめの脚やせサプリベスト3!

脚やせサプリランキング 日常生活が忙しくて中々脚やせのエクササイズやマッサージが出来てない女子におすすめ!飲むだけで脚を細くするサプリメントについて厳選してランキング形式でご紹介します。低価格の商品から返金保障があるサプリもありますので是非チェックしてみてください。

脚やせサプリランキング

脚やせの神様を購読

最新の記事を
プッシュ通知で購読しよう

今月の編集部のイチオシ商品!







タグ