足を細く美脚に魅せるストッキングの正しい選び方とは?

ストッキングの正しい選び方

ストッキングブスには気をつけよう!


街のあちらこちらでたまに見かけるなんかそのストッキング変じゃない?なんて思わず言いたくなってしまうような女性。そんな女性のことを最近ではストッキングブスなんて呼ぶそうです。いくらストッキングの事だとしても、ブスなんて呼ばれ方嫌ですよね?そうならない為にも、ストッキング選びは案外大切なことなのです。

ストッキングブスは厚手が好き?


ストッキングなんて、何履いても全部一緒でしょ?そんな風に思ってはいませんか?じつは、ストッキングは生地の厚さによって少しでも差があれば大分見かけも変わってくるのです。ストッキングブスと呼ばれる女性の多くが履いている、と言われるのはやはり見た目よりも温かさ重視のストッキングだそうです。確かに、どんなに上半身に着ているトップスやスカートなどが可愛くておしゃれでも、ストッキングが分厚くて見た目が真っ黒なんて事になってしまったらせっかくのおしゃれも台無しになってしまいますね。それどころか、脚やせにも大敵なんです。

色を間違えると老けて見える!?


ストッキング選びは色も重要なポイントです。確かに学生時代を思い出して見ると、私もたまにスカートの下に濃い肌色のストッキングを履いている女の子を見かけてはちょっとおばさんみたいだなあ。なんて正直思ってしまった記憶があります。しかし、だからといって、あまりに白すぎる色もストッキングブスになりかねないと聞きます。ではどんなストッキングの色を選ぶのが良いのでしょうか?じつは、ストッキングもファンデーションなどを選ぶ時と同じように、自分の肌に合った色を選ぶのが一番良いと言われています。ファンデーションも、肌に色が合っていないと浮いて見えてしまったり、むくんでいるように見えたり・老けて見えたりしてしまいますよね?そうならない為にも、ストッキングもきちんと自分の肌に合った色を選ぶように心がけると良いです。

私服に合うストッキングは?


先ほどは自分の肌の色に合ったストッキングの色が一番良いとおすすめさせていただきましたが、仕事や何かの面接等で履く分にはそれで良いかもしれませんが、私服ではなかなか肌色って履きませんよね?というわけで、私服の際に大活躍の黒色のストッキングの選び方をご紹介致します。黒色ストッキングの選び方はじつは肌色ストッキングを選ぶ時よりも簡単で、透け感のあるものを選ぶだけでOKなんです。やはり、あまりにも真っ黒!といったような分厚い素材ですと重圧感も出ますので見た目もずっしりとした太い脚に見えてしまいます。しかし、透け感のある黒色を選ぶだけで、見た目も少し軽くなったようなイメージとなるため脚が細く見えるのです。ちなみに、私服でも黒のストッキングはあまり履かない、という方もいらっしゃいますよね?そんな方にはぜひ黒の柄が入ったストッキングがおすすめです。柄物ストッキングですと、見た目はほとんど何も履いていないかのような脚にタトゥーのように柄が入っている、というような見た目ですので、あまり黒が目立ちません。もちろん黒でなくても透け感があれば良いのですが、黒自体に脚を引き締めて見せる効果があると言われているので、丁度いい黒の加減を見分けて履いていただくのがおすすめですよ。

白色を選ぶ際に気をつけることは?


中には、白色のストッキングを履きたい!という女性の方もいらっしゃるかと思います。ですが、白色は膨張色と昔から聞きますし、履くのにも躊躇してしまいませんか?しかし、白色のストッキングも細く見せる選び方があるのです。それは、白色も黒色と同様に、透け感のあるものを選ぶということです。雑貨屋さんや靴下やさんなどにはとっても可愛らしいまるでカーテンのような柄の白色ストッキングが売られています。そういった商品はところどころ肌が透けたり・見えたりするので、膨張しているようには見えづらいのです。

フィットする素材を選ぼう!

%e3%82%b9%e3%83%88%e3%83%83%e3%82%ad%e3%83%b3%e3%82%af%e3%82%99
ストッキング選びは色だけではなく、素材も大事です。最近では薬局やスーパーなどでも大特価としてかなりお安い値段でストッキングが売られていたりします。しかし、ご注意していただきたいのは、安いストッキングだからと言ってよく見ずに買うのはやめた方が良い。ということです。じつは、私自身もストッキング選びでの失敗経験が何度かあるのですが、あまりに安い商品はフィット感がないことが多いという事を知りました。フィット感がないストッキングを履いていると、脚にフィットしていない為歩いているうちにたるんできてしまったり・何かに引っかかって電線しやすくなってしまったり、といった失敗の可能性も増えてきます。そして、フィットしていないストッキングは見た目も悪く、脚が元々の脚の太さ以上に太く見えてしまう可能性もあります。ですので、皆さんも安さに騙されないよう注意してくださいね。

コメントを残す