太もも痩せのスクワットは正しいやり方で実践すると1日3分で効果あり!

細くてすらりとした美脚。女性であれば誰でも一度は憧れますが、その理想として多くの女性が挙げるのが太ももと太ももの間の隙間だとか。確かに、太ももと太ももの間に隙間があるだけで、一気に美脚に近づいたような気になりますよね♪

ですが、じつは太ももはふくらはぎよりも痩せにくいと感じている女性が多いといいます。というのも、多くの女性が下半身太りの理由として感じているのがむくみ。むくみやすいのは特に、ふくらはぎと感じる女性が多いようです。そこでむくみ解消のためのマッサージなどをふくらはぎに積極的に行い、結果としてほっそりとしたふくらはぎを手に入れた♪と喜ぶ女性が多いようですね。

編集長かなこ

ここで新たな悩みとして上がるのが太もも。太ももは面積も大きく、またむくみも感じにくいため、太い理由がわかりにくいため、中々細くならないと悩んでいる女性が多いようなんですね。

太ももが痩せにくい理由


では、太ももが痩せにくい理由についてご説明していきます。まずは、ふくらはぎ同様むくみが原因の場合。太ももはむくまないけれど?!と思う女性は多いかもしれませんが、気づかないだけで、じつは太もももむくんでいるんです。ですので、積極的にふくらはぎ同様マッサージで血行促進することがおすすめです。

CHECK NOW!

骨盤のゆがみが原因


他にも太ももが痩せにくいのは、骨盤のゆがみが原因の場合があります。骨盤がゆがんで開いてしまうと、周辺の筋肉がゆるんで脂肪がつきます。さらに足の付け根が外側に開くと、身体の重心も外側になるため、筋肉がゆるんでしまいます。結果として、太ももの前後に脂肪がつきやすくなり、太ももが太くなってしまうんですね。

CHECK NOW!

編集長かなこ

これも自分自身では気づきにくいのが現実ですね。

太もも痩せにはスクワットがおすすめ

では、太もも痩せには地道なマッサージしか手段はないのかあるいはダイエットで体重を落とすしかないのかと思ったあなたはちょっと待った!じつは、簡単手軽に太もも痩せは実現できるんです!その方法とは、じつは誰もが知っている運動。スクワットなんですよ。

正しいスクワットのやり方を知ろう

スクワットなら、部活動や体育の授業などで学生時代にやった経験のある方も多いはず。簡単に何回でも出来ちゃう!と思ったあなたは、じつは間違った方法でやっている可能性がありますよ!足とひざの屈伸だけを繰り返していて、太ももやお尻の筋肉を使わずに行っている人も多くいます。じつは、この方法ではしっかりとした効果が得られません。

編集長かなこ

動き自体はシンプルで簡単ですので、一度ここで正しい動作を覚えてみてください。

スクワットの正しいやり方

スクワットのやり方

まずは初めの姿勢から。足はお尻がすっぽり入る幅に開きましょう。そして、つま先は少し外側に向けて立ちます。これが基本のポーズです。

スクワットのやり方2

続いて、お尻に力を入れ、ひざはつま先と同じ方向に向けて軽く曲げます。お腹は軽く力を入れて、へこませましょう。胸を張って肩が耳の下にくるように上体を保ち、目線は正面・遠くを見つめるのがポイントですね。

スクワットのやり方3

では実際にスクワットの動きに入ります。

  • STEP1
    息を吸いながら、お尻を後ろに引き、ひざを曲げます。イメージとしては椅子に座るようなイメージです。
  • STEP2
    ひざの角度は90度を目安に曲げていき、息をふーっと吐きながらゆっくり元の姿勢に戻ります。このとき、腰を反らしたり、丸めたりするのはNGですので注意が必要。また息を止めないことも大切ですよ。
  • STEP3
    そして、お尻を引く際は、ひざが前に出すぎたり、身体が前傾姿勢になったりしないよう気をつけてください。
  • STEP4
    回数は1日おきに10回×3セットが目安ですよ。

編集長かなこ

ここまでやってみると、意外と太ももに効く!と感じる方も多いのではないでしょうか?誰もが一度はやったことのある、非常にシンプルなエクササイズです。お風呂上がりの代謝のいいタイミングなどで、ぜひ積極的にチャレンジしてみてくださいね♪
参考

太ももやせのコツ①スクワットのやり方youtube

コメントを残す