GI値をコントロールして理想の太ももを目指そう!

人にはそれぞれに理想の体型などがあるように、多くの女性には理想の脚理想の太ももがあると聞きます。人によってはほっそりとした太もも、またある人によっては筋肉のついたメリハリのある太もも、と理想が分かれるようです。

しかし太ももに関しての女性の意見で最も多かったのは太くなった太ももの脂肪を落としたい!ということでした。ですので今回はそんなお悩みをお持ちの女性の方々に太ももの脂肪を落とす方法を伝授したいと思います。

太ももの脂肪と体脂肪率

太ももの脂肪を落とす方法は、ズバリただ一つ、体脂肪率を減らすこと!です。それは、人が体内に食べ物をとりこむ歳に体内で起こっている反応が関係しています。

その関係とは3つあり、

GI値が高い食材を食べることによって血液中のブドウ糖が増え、血糖値が上がる。

血糖値があがると、それを安定させるために膵臓からインスリンが分泌されてしまう。

インスリンが分泌されることによって中性脂肪が増え、脂肪がたまりやすくなる。

ということです。

GI値と脚やせの関係

ちなみにGI値とは、グリセミック・インデックスの略称で、体内で糖に変わり、血糖値が上昇するスピードを計ったものです。

インスリンは、別名インシュリンとも言われ、生理作用では血糖値を抑制する働きを持つ、ペプチドホルモンの一種です。体脂肪率を減らすためには、適切な食事をとることと適度な運動の両方をバランス良く行うことです。体脂肪率を落としためには無理な食事制限をしないよう注意しなければなりません。

無理に食事制限をしてしまうと、体を壊して健康でいられなくなってしまう可能性が出てきてしまうことと.逆に基礎代謝が下がって太りやすくなってしまいます。

また、体脂肪が落ちる食事に移行していくにはまず、GI値の低い食材をなるべく摂取するようにする。ということです。GI値が高い食材は血糖値が高く、脂肪になりやすいので、GI値をよく意識して食材を選ぶようにしましょう。

GI値が高い食べ物と低い食べ物

例えばお米でいうと、GI値が高いものは白米で、GI値88とされています。低いものだと、玄米でGI値55とされています。

食材の種類で見ていくと、GI値が特に多く見られるジャンルは穀物・パン・めん類とされています。穀物・パン・めん類の中でも最もGI値が高い食材と低い食材を見ていくと、最も高いものではGI値95フランスパン食パンでした。最も低いものでは春雨GI値32でした。

GI値の基準は血糖値の上昇スピードを100としており、GI値61以上を高い、GI値60以下の場合を低いとしています。魚介類や肉類の場合では、滅多にGI値が高い食材はなく、基本的には全て低いとされています。魚介類や肉類なら安心して食べられますね!

コメントを残す